チェックされる項目と対策

2015.9.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車検でチェックされる項目は道路を走るために最低限必要な項目だけではありません。車のチェック項目としてはブレーキ、エンジン、ボディが正常であることの他に、排気系についても注意がされます。排気系はいわゆるマフラーです。エンジンからの排気ガスを浄化して大気に放出する、廃棄にかかる音を消音器で減らすことが行われる重要部品です。排気ガスは一部のレースを除き、一般道路を走る車はすべて浄化装置がついてます。キャタライザーとも呼ばれる装置で、触媒を使って排気ガス中の一酸化炭素等を除去します。これらの装置がない、浄化のレベルが緩かった時代には大気汚染の原因である物質が大量に出されていました。また、ディーゼルエンジン車の場合はさらに悪性の物質をまき散らして問題になっていましたが、年々排ガス規制が厳しくなり、現在では格段に排ガス浄化能力が高くなっています。また、音についても年々規制が厳しく、低音化されてきています。地球温暖化の原因でもある、CO2などの各種物質を減らすためにさまざまな取組がされています。ただし、規制は車を販売した年以降に行われるのでそれ以前の車は適応外となりますので、現在の規制に合う部品がないから困るということはありません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。