ダブルウィッシュボーン式の特徴

2016.4.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車のサスペンションはボディとタイヤの間に付けるもので、路面からの衝撃を緩和させる装置となります。
サスペンションによって乗り心地を良くしたり、車高の調整や走行の性能を向上させることが可能になります。
サスペンションは車重によっても変えるもので、車種やグレードによっても取り付ける種類が違うものを使います。
サスペンションアームやショックアブソーバー、スプリングによって構成されているもので、様々な種類のものがあって、その中の1つとしてダブルウィッシュボーン式があります。
ダブルウィッシュボーンとはアームがV字のものとなっており、鳥の叉骨に似ていることが名前の由来となっています。


このサスペンションの方式は水平に付けられた2本のアームで、アップライトを狭めるように支える構造となります。
構造としてサスペンションの剛性を獲得することが簡単にできて、タイヤと路面間における摩擦力の変化を少なくできて点がメリットです。
設計の自由度としても高いものがあって、アライメントの微調整を行うことが可能なためにF1でも使用されているサスペンション方式となります。
デメリットとしては経費が高くなる点があって、高級なグレードの自動車やボディが大きなものに使用される傾向がある方式です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。