F1でも採用されているスポーツカーの駆動方式

2016.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

通常市販されている車はスポーツカーであってもエンジンが前で駆動は前輪か後輪のFF,FRと呼ばれるものか、または4WDのものがほとんどです。ですが一部国産車やイタリア車などの高級スポーツカーにはエンジンが運転席後部に位置し後輪を駆動させるMRというものもあります。


これはF1などのレーシングカーにも採用されている駆動方式で車を自在に走らせるという意味では最も理にかなったものです。MRの利点はF1でも採用されている事からも分かる様にその走行安定性にあります。エンジンが運転席後部に位置した後輪駆動の為駆動輪にトルクがかかりやすくより大きなパワーを地面に伝えると共に操舵輪が独立しているので車体のコントロールもしやすいのです。そしてエンジンがRRとは違い車体の真ん中に寄るので走行安定性も増しますので車本来の走る喜びが味わえるものです。ですが市販のスポーツカーでも一部の車にしか採用されていない理由として、基本的に2シーターになる事、積載性が低い事、エンジン音がうるさい事などがあり、普段の乗用車としての使い勝手の悪さがある為、車で走る事自体が趣味の方や草レースなどに出場している方など需要が限られているという理由があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。