医療保険金とその補償内容

2014.8.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

医療保険金とは、自動車事故によって身体にケガを負った場合について、その損害を補償するために支払われるものをいいます。ひとくちにケガといってもさまざまな症状や部位にわたることが想定されますので、保険の種類によってこの保険金の額の算定の仕方が大幅に異なることが多いようです。
例えば、簡単でスピーディーな支払いをモットーとしている「搭乗者傷害保険」であれば、顔面、手指、上肢、下肢などの部位に対応して、それぞれ打撲、欠損、切断のような症状の類型を設けて、表形式で保険金の額を定めて一律に給付するというのが一般的です。この場合、実際にかかった医療費などが表の基準を超えても追加して保険金が支払われることはないものの、示談なとを待たずに確実に一定のまとまったお金が得られるというメリットがあります。
いっぽう、「人身傷害保険」など通常の人身事故に対する保険であれば、事故によるケガにともなって支出された診察料、入院料、タクシーや電車などの通院に要した運賃、診断書作成などの文書料といった項目をひとまとめにして、後日証拠書類と突き合わせをして損害賠償額を確定し、被害者側の過失割合を差し引いた部分が保険金の額となるというのが一般的です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。