過失割合が100%でも保険金がおりるって知ってました?

2014.8.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車を所有している方は、大抵更新時に昨年と同様の内容で契約の更新を場合が多いと言われています。しかし、内容を把握せずに更新をすることは契約なのできちんと中身を把握してから、手続きをした方が後々の為になります。良くある勘違いとして、搭乗者傷害保険を付けずに人身傷害のみ付加し安心してしまうケースです。人身傷害の補償として、実際の損害額を基準に支払われますので、治療が終了してから保険金が支払われます。しかし、搭乗者傷害保険であれば、治療日数が指定した以内の日数であれば一律の金額、それ以上であれば症状別に定額が支払われる為、当座の出費を抑える事ができます。搭乗者傷害保険だと、他人はもちろん契約者本人、その配偶者や同居していればその家族、ドライバー本人までの人が補償を受ける事ができます。これは、契約者の過失割合が100%だったとしても、単独事故だったとしても補償されるので搭乗者傷害保険を使ったとしても等級に影響が出ません。これは、大きな補償内容なので知らないと損をしてしまいます。しかしながら、車のルールを逸脱している場合は支払いの対象外となります。例えば、定員オーバーをした人数で乗車中の事故などのように、交通ルールを守っていて事故にあった場合には支払いの対象となります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。