基本的な構成

2016.4.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

サスペンションとは車のボディとタイヤの間に付けらているもので、路面から受ける衝撃やゆれをコイルスプリングによって緩和させる装置となります。
サスペンションを交換することによって走行中の乗り心地を良くすることや、車高の調整や自分好みの足回りにすることが可能です。
サスペンションはコイルスプリングとサスペンションアーム、ショックアブソーバーと呼ばれるダンパーによって構成されています。
コイルスプリングによって吸収を行った衝撃を、ダンパーによって解放をすることで振動を抑制させます。


複数の機能を組み合わせることによって、ボディの重量を受け止めることが可能となり、ホイールの上下運動における振動を緩和させることができます。
乗員や積載物を保護することに加えて、不規則に発生する振動の吸収をして、走行の安定性を向上させる役割があります。
ボディとホイールを連結しているリンクの機構は、加速や減速のとき、またはコーナーリングのときにあらゆる方向から力が加えられますので、適切な剛性と郷土を保つことによってホイールを車体にとって良いポジションに保つことが必要です。
サスペンションとはリンク機構と、衝撃の緩和を行なう装置の総称となります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。