ミッドシップの欠点は無駄が多いこと

2016.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ミッドシップレイアウトは、エンジン搭載方法の一つでその言葉通り車体の中心付近に配置する構造で、走行性能面では一番質量のあるエンジンの重心が車体の重心近くにあることで、旋回しやすく旋回を止めやすい特徴があり、エンジンに振られるようなこともなくなるのでアンダーステアやオーバーステアになりにくい利点があります。


走行面の魅力や独特のフォルムから選択する価値もおおいにあるのですが、実用面に目をむける時デメリットにどれだけ目をつぶりその車の価値を納得できるか、おそらく購入された方は問題ないのですが、生活環境の変化で車の使い方が家族中心にシフトした時に、その欠点の多さに車を手放すという選択肢に行き着くケースもあります。
まずレイアウトの関係で2シーターであることそしてトランクスペースがいわばエンジンスペースなので後部トランクスペースはありません。ボンネットを開ければ多少荷物を置けるスペースがあるタイプもありますが使用しにくく車によっては運転席の取り外せる屋根の部分の収納スペースにボンネット内がなる為オープン時は荷物置けなくなってしまいます
シートも後ろに倒して寝るなどできませんし視点も地面から近く、乗り込むにも腰の悪い方じゃなくても一苦労なので雨の日の乗り降りは大変です。二人しか乗れないので大勢での旅行にも不向きです。
軽自動車でも当然できることでもできない点が多いミッドシップこの多くの欠点を理解したうえで受け入れることができる人にとってはそんな欠点も味に変わるに違いありません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。