ミッドシップの特徴や仕組み

2016.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ミッドシップ~MR(ミッドエンジン/リアドライブ)とも呼ばれますが~はエンジンの搭載位置のおける形式です。その名称から、車の真ん中にエンジンが搭載されているように思えますが、実際は真ん中よりも随分後方であって、真ん中に重心が位置するように努力が払われています。搭載位置を見るとRR(リアエンジン/リアドライブ)に近いのですが、後車軸よりも前方にエンジンが搭載されているのがMR、後方に搭載されているのがRRとなります。


スポーツカーや高性能車に必要なものが後輪へのトラクションであり、必然的に理想のスポーツカーは後輪駆動となるわけですが、厳密には車の部品の中で重量を占有するエンジンは前よりも後に積んだ方がいいという考えからMRは成り立っています。車の前側に重量物がないわけですから、アンダーステアが出にくいというメリットがあります。できる限り重心を真ん中に寄せるという考えのため、特性として重心を軸として車はこまのように旋回します。スポーツカーにとって理想的であるといういうのは、F1が採用していることで証明しています。いくつかのメリットに加えてプロペラシャフトがいらず生産コストも抑えられ作りやすいように見えますが、過去生産された市販車の例は極少ないです。そもそも各メーカーがMR車のプラットフォームを持たないということも原因ですが、主流にならないのは操縦性のシビアさという問題もあります。車の特性にもよりますが、強いオーバーステアを発生させたり、急激なスピンを発生させたりといった具合です。言い換えれば、ドライバーにある程度の技量を求められる形式と言えます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。