ミッドシップを採用する利点

2016.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

エンジンの配置にはフロントという通常のタイプの他にリアやミッドシップというものがあります。ミッドシップエンジンは真ん中にエンジンを配置するので、当然居住スペースが少なくなってしまいます。しかし車には走りを追求したいタイプのものもあるので、スポーツカーなどには採用されていることが多いタイプです。


大きなメリットには非常に走りやすい配置ということが言えます。それは前後の重量配分がほぼ均等になるからです。前にエンジンがあれば後ろが軽くなってしまいますし、後ろにあればその逆になります。コーナーリングやワインディング道路などはそのエンジンの配置の影響を大きく受けてしまいます。しかしミッドシップエンジンであれば非常に取り回しが楽で走りを思う存分楽しむことが出来ます。車というのは最高の性能を発揮させたい時に思い通りに扱うことはなかなか難しいのですが、ミッドシップエンジンであれば自分の思った通りに運転する醍醐味を味わうことが出来ます。またトラクションも期待出来るタイプのエンジンです。F1に採用されているようなエンジンの配置になるので、非常に戦闘力が高いという特性があります。加速やコーナーリングを思い切り楽しめます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。