船上山のチェックポイント

2016.1.7|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

船上山は、山陰地方にそびえる大山山系のひとつで、かつては修験山伏が集まった信仰の山であり、隠岐に島流しにされていた後醍醐天皇が、地元の武将の名和長年に迎えられて隠岐を脱出し、再起を期して旗揚げをした場所としても、歴史的には知られているところです。船上山には大山環状道路が走っていますので、マイカーである程度の高さまではアクセスすることも可能です。山陰道のインターチェンジから10キロほどの山腹には少年自然の家や船上山万本桜公園があって、パーキングも整備されていますので、ひと息つくことができるようになっていますので、ドライブの際にはこの場所をチェックして、目的地としておくとよいでしょう。


船上山万本桜公園は、その名の通りのサクラの名所で、標高が高い位置にあるため、4月から5月ごろまで花見を楽しむことができます。また、船上山は「日本の紅葉100選」にも選ばれているため、秋季には色とりどりに染まる山の紅葉もみのがせないポイントです。もしも車を降りて山登りをするのであれば、積雪や路面の凍結のおそれもない夏季がベストで、屏風岩や鱒返しの滝、雄滝、雌滝といった雄大な自然の景観、ダムや船上神社といったところははずせないスポットになります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。