操縦性が良いのでレーシングカー向き

2016.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ミッドシップのエンジンエイアウトは室内空間を犠牲にしますのであまり市販車向きでは無く、実際採用されている車種は限られてきますが、レースの世界では話が違います。F1を筆頭とするレーシングカーではその高い操縦性ゆえにミッドシップが当たり前です。ミッドシップは車体の中心部にエンジンがありますので走行安定性が良く、それはコーナーリングやブレーキングの際にもその優位性が現れます。またエンジンの重量が駆動輪にかかりやすいので駆動輪にトラクションがかかりやすく、より大きなパワーを路面に伝える事が出来ます。


駆動輪と操舵輪が別で操縦性が高いのはFRも同じなのですが、FRでは車体後方が軽量となる為、駆動輪にトラクションがかかりづらいのと同時に、それはそれで面白いのかも知れませんがドリフトしやすくなってしまいます。ドリフト走行をしようと思っていない場合、特にレースなどではドリフトしない方が有利に決まっています。あまり種類はありませんが同じく操縦性が高いRRとなりますと、FRのような弱点が無くなる代わりに今度はフロントが軽すぎて運転するのに相当の技術が必要となってしまいます。MRはこの両方の弱点を補う理想的なものです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。