スポーツカーのためのエンジン配置、ミッドシップって?

2016.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車のエンジン配置は、車体の前方に置くフロントエンジン、後方に置くリアエンジン、中央部に置くミッドシップエンジンの3種類あります。フロントエンジンの場合には、前輪駆動のFFと後輪駆動のFRがあり、リアエンジンでは後輪駆動のRRがあります。ミッドシップエンジンでは後輪駆動のMRが一般的です。


}PgžxQ
FFやFRは前輪の荷重が大きくなり、RRでは後輪の荷重が大きくなりますので、4輪にかかる荷重のバランスが偏ります。これを解決したのがMRで、前輪と後輪の荷重が半々(50:50)という理想的な荷重バランスをとれます。このため、走る、曲がる、止まる等の走行性能を追求するスポーツカーには、MRを採用することが珍しくなく、特に高級スポーツカーではMRが多いのが特徴です。
このように4つのタイヤに同等な荷重がかれられるミッドシップエンジン車は、そのエンジンの配置位置から室内空間を犠牲にしています。しかし、走行性能の優先順位を1番に持ってくるのがスポーツカーの所以ですから、例え2人乗りでトランクルームも狭いといったような多少の不便は、このような車を運転する人には問題になりません。この点がファミリーカーなどとスポーツカーの決定的な違いです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。