少しの工夫で!愛車をいつでもキレイに保つ方法とは

2016.3.10|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

洗車はいつまでも愛車をキレイに保つ為にも定期的に行いたい作業ですが、しかしやり方次第では却って愛車を傷付けてしまうことにもなり兼ねません。
洗車を行う時に注意したいことがありますが、まず日差しが強かったり気温が高い時は洗車を避けることです。要はボディが熱を持っている状態の時が良くないのですが、ボディが熱を持っていると水滴が蒸発し易くなります。そして蒸発することによってウォータースポットと呼ばれるシミができてしまうのですが、案外目立ちますので見た目を損ねてしまいます。また、水滴が虫眼鏡のような役割をして、塗料を傷めてしまうことにもなるのです。その為、ボディが熱くなっている時には極力控えた方が安心と言えます。


}PgžxQ
風の強い日も洗車は避けた方が無難です。風が強いと砂埃が舞ってしまいますが、砂埃がボディに付着した状態でスポンジで擦ると細かい洗車傷が発生してしまうことがあるのです。綺麗にしているつもりがどんどん細かい傷が蓄積されてしまい、やがてボディに無数の傷が存在しているような状態にもなり兼ねません。
このように洗わない方が良いタイミングもありますし、タイミングを考えて洗うようにすればより上手に愛車をキレイに磨けるようになるはずです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。