タイヤの肩の部分!ショルダーの大切さ

2016.5.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車の安全走行に大きく関わるタイヤは、黒いゴムだけで出来ているわけではなく、タイヤの内部は、いろいろな素材で構造をなしています。一番分かりやすいトレッドと呼ばれる部分が、直接路面に接地する部分ですが、摩擦やグリップや排水に関係するトレッド・パターンという様々なパターンが刻み込まれています。タイヤの横の部分、と言うと分かりやすい部分は、サイドウォールと呼ばれる部分ですが、そのサイドウォールとトレッドの間にある部分が、いわゆるタイヤの「肩」の部分で、ショルダーと呼ばれている部分です。


姿勢や歩き方に癖がある人の靴底のように、その肩の部分が磨耗してしまうことがよくあるようですが、その状態になってしまうと、車の走行の際の安定性が減ってしまうので、よろよろした走りになったり、急にハンドルを切ったりする際に影響が出てしまいます。タイヤの接地面積が減ってしまい、細いタイヤで走っているのと同じことになるので、不安定な走行になります。空気圧が足りないタイヤはつぶれてしまうので、その状態で走ると、肩の部分が地面と接するようになり、磨耗してしまう、というパターンがあるようなので、タイヤの空気圧を適性に保つことは重要です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。