実際に事故ればわかる死亡やケガを定額補償の恩恵

2014.8.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車保険は事故にあったときの備えとして有効ですが、通常は保険金の支払いまでにかなりの日数を要します。一般に自動車事故は双方の当事者の過失によって生じることから、事実確認をして過失割合を認定したり、相手との示談交渉を行ったり、医療費や車両の修理費などの領収書をもとにして損害賠償額を算定したりといった、さまざまな手続きが必要となるためです。
しかしながら、被害者としてはこうして保険金が支払われない間にも緊急のケガの手術や入院などで費用がかさむほか、死亡の場合には事故からすぐさま葬儀や埋葬のために多額の費用が必要となってきます。
こうしたケースに対応して、より簡単で迅速な支払いが可能になるようにしたのが「搭乗者傷害保険」と呼ばれる保険です。この保険では、契約車両に搭乗していた人が事故によって死傷した場合に、損害賠償額の確定をまたずに一定の基準のもとに保険金を定額補償する仕組みとなっています。その基準は、頭部や顔面、腹部といったようなケガの部位、神経の損傷や欠損などの程度に応じた一覧表となっているため、実際にどれだけの治療費が掛かるかわからない段階であっても支払いが可能となっています。過失割合に応じて減額ということもないため安心です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。